ノンエーとどろあわわは思春期ニキビにどちらが効果あるの?

 

ノンエーとどろあわわは思春期ニキビにどちらが効果あるの?

ノンエーとどろあわわは思春期ニキビにどちらが効果あるの?

 

Answer

ノンエーの方が思春期ニキビに効果的!

 

nona

 

 

その理由は…?

 

まずは商品情報をチェック!

 

ノンエー

自然派素材の無添加せっけん
無香料・無着色、アルコール・パラベンフリー。
さらには鉱物油・合成界面活性剤まで不使用!
徹底的に天然素材にこだわった、お肌と自然に優しい石鹸です。

 

うるおい天然成分配合

栄養たっぷりな『ローヤルゼリー』、肌にうるおいを与える『ヒアルロン酸』、さらには、細胞膜・涙の成分から開発された『リピジュア』という持続性のうるおい成分がしっとりツヤツヤのお肌を作ります。

 

天然の有効成分配合
  • ・ノンエーには天然の有効成分がたっぷりと配合されています。
  • ・グリチルリチン酸…甘草由来の成分。抗炎症作用があり、悪化してしまった赤ニキビの炎症を抑えることが出来る。
  • ・ダイズエキス…思春期ニキビの原因は過剰に分泌された皮脂。ダイズエキスは皮脂の過剰な分泌を抑えてくれます。

 

抜群の泡立ち

きめ細やかな、モチモチ・フワフワの泡で優しくお肌を包み込むように洗うことが出来ます。

 

どろあわわ

分子レベルの脅威の吸着力!
沖縄の海でとれるマリンシルト。5μm以下(なんと髪の毛の16分の1以下の細かさ!)の超微粒子が毛穴に入り込み、余分な皮脂や毛穴の黒ずみをすっきり洗浄。

 

うるおい成分たっぷり!

乳酸菌で発酵させて作った『豆乳発酵液』、保湿成分の『ヒアルロン酸』、お肌にハリを与える『コラーゲン』…3つの保湿成分でしっとりとした洗い上がりに。

 

使用感はどんな感じ? 

 

ノンエー

ノンエーはモチモチとしたたっぷりの泡で、さっぱりとした洗い上がりに。
洗い上がりがさっぱりなのに、つっぱった感じが少ないのも魅力的!
泡立ちがいいので、コスパの面でも◎
コスパがいいので、顔だけじゃなく体全体に躊躇なく使えます。
背中やおしりのニキビにも効果が期待できますね♪

 

どろあわわ

しっかりとした濃密の泡が、肌に吸いついてきます。とにかく泡が濃い・固い・重い!
まさに“泡のパック”といった感じ。
ノンエー同様、泡立ちがいいので全身に使えます。
洗い上がりはしっとりとうるおったモチ肌♪ 

 

やっぱり気になる! お値段は?

 

ノンエーのお値段

2,940円(税込) 100g 

 

どろあわわのお値段

2,980円(税別) 110g 

 

⇒基本のお値段にはあまり差がないみたいですね。
※ただし、どちらも割引キャンペーンを定期的に行っているみたいなのでお安く買える場合があるかも!?

 

 

この商品、ここが不満! デメリット比較

 

ノンエーのデメリット

乾燥肌の人は要注意
この石鹸、そこそこ洗浄力が強めという声も。
脂性肌の人は問題ないかもしれませんが、乾燥肌の人は要注意。
お肌の乾燥を防ぐためにも、洗顔後の保湿ケアは念入りに!

 

旅行時の持ち運びに不便

まぁ、“石鹸”ですからね(苦笑)持ち運びには向きません。旅行の時などは多少かさばります。

 

どろあわわのデメリット

効果が出るまでに時間がかかる
一回使用しただけでは効果が感じられにくく、半年ほど使用してようやく効果が出始めます。
速効性を期待している人にはあまりおススメ出来ないかも…

 

容器が使いずらい

実際商品を見てもらえばわかるんですが…
どろあわわの容器ってちょっと特殊なんですよね。絞り出して使う感じで、洗顔料の量を調節しずらいですし、自立型じゃないので、洗面台の幅をとってしまうのも地味にネックです。

 

ニキビに効く…?

どろあわわはニキビ対策というよりみ角栓・毛穴の黒ずみ対策を目的に作られているので、ニキビに劇的に効果があるかといわれると…う〜ん、ちょっと悩んでしまいます。

 

まとめ!

 

ノンエーもどろあわわもどっちも素晴らしい洗顔石鹸なのですが、どろあわわはどちらかというと『毛穴の黒ずみ・汚れ・角栓』対策に特化している印象。やっぱりニキビケアには“ニキビの為に作られた”ノンエーですね!

 

nona

 

 

 

ニキビが生じてしまうのは…。

 

ニキビが生じてしまうのは、皮膚に皮脂が過剰に分泌されるからですが、洗顔しすぎると、肌を庇護する皮脂まで取り除くことになってしまうのでメリットはありません。
ボディソープを選定する際は、確実に成分を見定めることが必須だと言えます。合成界面活性剤は勿論、肌に悪影響を及ぼす成分を混入しているものはチョイスしない方が良いというのは言うまでもありません。
10代の頃はニキビに悩みますが、年齢を重ねるとシミや毛穴の黒ずみなどが悩みの最たるものになります。美肌を作り出すというのは易しいように感じられて、実を言えば大変難儀なことだと頭に入れておいてください。
「つい先日までは気になるようなことがなかったのに、唐突にニキビが目立つようになった」という時は、ホルモンバランスの異常や不規則な生活習慣が要因になっていると言ってよいでしょう。
「ずっと利用してきた様々なコスメが、突如適合しなくなったようで、肌荒れが生じた」という人は、ホルモンバランスが適正でなくなっているのかもしれません。

シミができると、めっきり年老いて見られるはずです。目元にひとつシミがあるだけでも、いくつも年齢を重ねて見えたりするので、ちゃんと予防することが必須です。
加齢と共に増えるニキビ、シミ、しわ、加えてフェイスラインのたるみ、くすみ、毛穴の黒ずみなどを改善して美肌をゲットするためには、適度な睡眠時間の確保と栄養バランスを重視した食生活が不可欠だと断言します。
肌状態を整えるスキンケアは、3日4日で効果が得られるようなものではないのです。いつも入念に手をかけてあげて、なんとか魅力的な艶やかな肌を自分のものにすることが可能になるのです。
肌のかゆみやカサつき、シミ、黒ずみ、ニキビ、そばかすなどに代表される肌トラブルの根源は生活習慣にあることを知っていますか?肌荒れを阻止するためにも、健康に留意した日々を送ることが大切です。
敏感肌の人と言いますのは、乾燥により肌の防衛機能が働かなくなってしまい、外部刺激に極端に反応してしまう状態だと言えます。負担が掛からない基礎化粧品を使用して確実に保湿しなければなりません。

若い時は焼けて赤銅色になった肌も美しく見えますが、年齢を経ると日焼けはたくさんのシミやしわといった美肌の敵になりますので、美白専門のスキンケアが入り用になってくるのです。
「肌の保湿にはこだわっているのに、乾燥肌によるかさつきが治らない」と頭を抱えている人は、スキンケア専門のアイテムが自分の肌質に合っていない可能性が高いと言えます。自分の肌に適したものを使いましょう。
「化粧のりが悪くなる」、「肌が黒ずみでいっぱいだ」、「実年齢より年上に見える」など、毛穴が緩みきっていると得することはちっともありません。毛穴専用の商品で丹念に洗顔して美肌を手に入れましょう。
皮脂が余分に分泌されていることのみがニキビの要因ではないことをご存じでしょうか。ストレス過多、休息不足、油物中心の食事など、通常の生活が規律正しくない場合もニキビが生じやすくなります。
大変な乾燥肌で、「ほんのちょっとの刺激でも肌トラブルが生じる」という場合は、それだけのために企画開発された敏感肌用の刺激がほとんどないコスメを選択してください。