ニキビには紫外線対策したほうがいいの?

 

ニキビには紫外線対策したほうがいいの?

ニキビへの対策として紫外線対策は非常に重要ですよ!

 

 

紫外線はお肌にとって一つもいいことはないからです。

 

一般的に春から夏にかけてピークを迎える紫外線ですが、どのようにニキビに悪影響を与えるのでしょうか?

 

 

 

実は紫外線は3種類あって、紫外線A波、B波、C波とあるんです!

中でもニキビに悪影響を与えるのが紫外線B波で、肌に炎症を起こさせる作用があるニキビ肌の人には要注意の紫外線なのです。春から秋にかけておおく降り注ぎ、10月から3月は比較的少なくなる傾向にあります。

 

ではどのくらい紫外線B波が悪さをするのかというと…

 

ニキビの炎症を悪化させる

紫外線B波は肌の表面に吸収されてしまうので、炎症が非常に起こりやすくなります。
またニキビの症状を長引かせるのでニキビ跡もできやすくなってしまいます。

 

紫外線から肌が避けようと防御機能がはたらき、角質が厚くなる

角質が厚くなってしまうと、毛穴に汚れが入り込んで詰まりやすくなってしまいます。
そこからニキビができてしまうんですね。

 

そして紫外線B波は肌の細胞も破壊するためターンオーバーを乱してしまい、肌の生まれ変わりを抑制してしまいます。

 

活性酸素が発生してしまう

紫外線の影響で活性酸素という体に悪い物質が発生してしまい、体の細胞や肌を弱くしてしまうのです。そして皮脂も酸化させてしまい、ニキビを発生させてしまうのです。

 

紫外線をしっかりガードするには、日焼け止めを塗って防止する方法が一番です。
いつでも塗り直しができるよう持ち歩くのもお忘れなく!

 

関連記事について

⇒ニキビには睡眠時間が大切じゃないの!?
⇒ターンオーバーを促進するには?