ニキビには睡眠時間が大切じゃないの!?

 

ニキビには睡眠時間が大切じゃないの!?

ニキビ肌に限らず、お肌の健康には睡眠が欠かせません。

 

 

とくに夜の10時から夜中の2時までは「ゴールデンタイム」といえるくらいお肌の新しい細胞をたくさんつくりだしているのでニキビに悩んでいる人にとってはここの時間帯の睡眠が重要なのです。

 

でも、仕事や育児などでそんな早くに寝床につけるという人は少ないはず!

そんなときは少し頑張って0時までに布団に入る習慣をつけてみてはいかがでしょうか?
ニキビには睡眠時間というよりも寝る時間のタイミングが重要になってくるので、毎日0時までに就寝している人はニキビにあまり悩まされずに済むのです。

 

でもなんで夜の10時から2時までが大切なのでしょうか。

それはこの時間帯に成長ホルモンが分泌されて、新しい肌組織がうまれていっているんですね。
その時間にスッと眠れるようにするには、10時以降は照明を落としてリラックスモードに頭を切り替えることが大切です。

 

スマホやパソコンの画面の光は脳を興奮させてしまい、良質な眠りを妨げますからなるべく寝る前のメールチェックなどは避けましょう。

 

また寝る2時間前くらいにお風呂に入り、ストレッチなどをしておけば気持ちよく眠りにつくことができますよ。くれぐれもお風呂の温度はぬるめに設定して、自律神経の副交感神経を優位にはたらかせましょう!

 

良い睡眠はお肌だけでなく体調も良くしてくれて人生に活力を与えてくれます。
今一度ニキビ肌を改善して豊かな生活を送るために睡眠を見直してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事について

⇒ターンオーバーを促進するには?
⇒アクネ菌とニキビの関係について