水洗顔とぬるま湯洗顔はどっちがいいの?答えを出す!

 

水洗顔とぬるま湯洗顔はどっちがいいの?答えを出す!

 

「水洗顔」と「ぬるま湯洗顔」ってどっちがいいんでしょう?

 

どちらも正しい洗顔法について調べると、よく出てくる単語ですが…。
水の温度って一体何度が正しいんでしょうか?

 

実は、洗顔をする際にこの温度ってとっても重要らしいんです。

 

洗顔で適切な温度は『32度』

32度というと、肌より少し冷たい温度ですね。
うーん…。水ともいえるし、ぬるま湯ともいえる…といった温度でしょうか^^;

 

だからよく、「水またはぬるま湯」なんて表現をされるんですね。

 

適温の理由、それは皮脂がおおよそ30度ほどで溶け出すから。

なるほど、こんな理由があったんですね。
顔の汚れである皮脂。水では溶けず、洗い流せないようなので、どうやら「ぬるま湯洗顔」がいいみたいですね。

 

冷水には毛穴を引き締める働きがある

しかし、お水にも役割があります!
冷水だと、皮脂が解け出さないために汚れは落ちにくいですが、そのぶん毛穴を引き締める働きがあります。

 

なので、ぬるま湯で洗顔したあと、ひんやりとしたお水で10回ほどすすぐと、毛穴が引き締まるようです。

 

熱いお湯は乾燥・赤みの原因

ちなみに、熱めのお湯で洗うと、肌の油が落ちすぎて乾燥してしまったり、低温やけどのように肌に赤みができてしまうそうです。

 

うーん、洗顔の温度ってとっても重要だったんですね。
少し見落としている部分でした…。(;;)

 

これからは、熱すぎず、冷たすぎず。
適温に気を付けて、継続して洗顔をしていきたいですね。

 

 

⇒ニキビで皮膚科や病院に行っても満足できない!そんな人に!